ウーマン

厨房機器の処分を低価格で行なうなら買取が最適|魅力をリサーチ

処分費用を支払う必要なし

ゴミ袋

発生する量を見極める

工場での製造工程で発生した成形不良品やクズなどの廃プラはゴミだとして、費用を出して処分してもらっていないでしょうか。廃プラはリサイクルができるので、買取してもらうことができるのです。廃プラの買取業者によって引き取りのできる廃プラの種類や形状が決まっていることがあります。多くの場合、PE樹脂やPP樹脂のような熱可塑性樹脂であれば買取をしてもらえます。買取業者によっては、粉砕品のみしか引き取ってくれないところもありますが、自社で選別やリサイクル工場を有している業者では、成形不良品のままや金属がついている成形品であっても引き取りが可能です。買取価格は、市場価格によって変わりますが、市場価値の高いPP樹脂やHDPE樹脂が高く、単色で他の樹脂が混在していない粉砕品が最も買取価格が高くなります。廃プラの最小引き取り重量を定めていることがほとんどです。工場で発生した廃プラは2,000kg程度は保管しておいてから業者に引き取ってもらうことになります。廃プラが最小引き取り重量に達するまでは工場内に保管しておかなければいけないため、作業空間が減少してしまうことになります。工場でどのくらいの廃プラが発生するかを見極めて、引き取ってもらう業者を決めるようにしてください。廃プラ以外に屑鉄や古紙も多く発生する場合には、廃プラとあわせて引き取ってもらう業者を選んでおけば、保管する空間を節約することができるので、作業効率がアップします。